クリスマスの約束、よかったと思うんだけど

LINEの既読待ちをしているマドカです(o・ω-人)
既読待ちをしている間に暇なので、このブログを始めてみました(・ω<)
こんな適当なブログでも読んでくれる人がいて嬉しいです(´;ω;`)
さて、LINEで送って内容なのですが、今年のボーナスはいくらもらったという、お金の話です。このメッセージを全然読んでくれません、いくらもらったかは答えたくないんでしょうね(☆^ш^)
毎年12月25日、クリスマスの夜にTBS系で放送される「クリスマスの約束」。小田和正さんを中心として多彩なゲストとともに奏でる音楽番組で、私も毎年楽しみにしています。紅白は見なくてもクリ約は欠かさず見てる、そんな感じです。
で、この番組、毎年概ね好評なんだけど、今年はどうも不評らしい。ネットで批判続出とか書かれてました。わからなくはないんです、そう言われてしまうの。てのは、過去の映像の使い回しがほとんどで、総集編みたいだったから。音楽シーンの部分はともかく、小田さんがこの番組を始めたときのエピソード、いろんなミュージシャンに手紙を出して、っていうくだりは、その構成自体が過去に放送されたものと同じだったから、そこはさすがにどうなんって感じました。だけども、音楽シーンは、過去のものも含めてやっぱりよかったと思うんだけどなあ。あれはあれでいいじゃん。
本当は今年も観客の前で収録する予定で観覧希望の募集をしていたようなんだけど、その募集が急きょ取りやめになったという話もあって、まあ、何かしらの事情があったんだろうなとは思いますけど、来年は誰もが納得するかたちで復活してくれたらいいんじゃないですかね。あ、今年もゲストの細野晴臣さんが出演したシーンなんかは新しく収録したものでしたよね。